POSER 展覧会

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2008.12.31[水] Future Reference Exhibition

Future Reference Exhibition

枡久田-VOLTの共同企画展覧会の第四弾を決行です。
今回はいつもと趣向を変えて「Future Reference Exhibition = 未来への手引き展」です。
テーマはただ一つ「自分らしい絵を作る事」のみで、展覧会規定(要項のみ抜粋)は以下の通りになります。

■基本コンセプト■
参加者各人の絵を掲載する事に加えてその絵を批評した討論ログを同時掲載し、新たな着眼点を外部に向けて提示する。

■投稿規則■
・テーマは自由(自分らしい作品である事が望ましい)
・18禁表現一部不可(極端な性器表現のみ不可)

従来の絵を並べる展覧会形式からもう一歩踏み込んで、普段では聞く事の出来ない絵に拘りを持つ者達の視点の中にこそ、各々の絵を更に進化させる道標があるのではないか、
と考えると共に今回は絵の展示に加えてお互いの絵を批評するログを同時掲載して、絵の魅力を更に高めようと新たな試みを行いました。

是非とも絵の鑑賞と併せて批評ログもお読み頂ければ、と思います。
POSERで絵を作る場合の魅力的な見せ方、注意すべきポイント等、閲覧者の皆様にも参考になれば幸いです。


Glittering Journey by Kyotaro

Recon by IRYDA

Guten Morgen by casiopea

Maid in Tundere by kurohane

Lightning Arrow by VOLT

もしもぼくが・・ by Linkinpark

LOUD and CLEAR by Mask-da

Bienvenu a un chateau du vice. by Jezz


■参加者のコメント■(参加者の名前をクリックすると本人のWEBサイトにジャンプします)

Kyotaro
このたびは大変興味深い展覧会に誘っていただきありがとうございます。今回、自分の頭の中で一年以上抱え続けていたイメージを、自分なりに納得がいくカタチで仕上げることができました。これもひとえに「ここで半端なモノを出したら多分絶対シャレにならん」という、錚々たる参加者の方々から受ける強迫観念の賜物です。緊張感のある、それでいて(だからこそ)とても楽しい展覧会&ダメ出し座談会でした。そんなライブ感をログから感じていただければ幸いです。

IRYDA
討論ログを読み直すとやはり緊張していたのか、質問に答えてなかったり、意味不明なコメントだったりと混乱気味でした(汗) しかし、通常の展示会では聞けない他の絵の批評、意見や改善点を聞けたので非常に勉強になりました。

casiopea
「ダメ出し」と言ってしまうと若干聞こえは悪いですが、絵を見た人が感じる部分と作った人が意図した部分との相違など、個人の趣向も含めつつ色々な意見が出て面白いログが録れてるのではと思います。「正解」なんてないので、それをどう受け取るかは人それぞれ。そこがまた面白いですね。

kurohane
見る人の感性を刺激する絵作りが出来る方々と同じ展に参加できたことは、大変意義のあることでした。絵作りというよりキャラ作りメインの私としては、まさに異世界に迷い込んだ心境でしたが(笑) これを契機に絵作りにも精進していきたいと思います。

VOLT
今回は討論ログ付の展覧会という初めての試みの為どうなる事かと不安でしたが、心配していた討論ログ録りも普段聞く事が難しい興味深い話を色々聞く事ができて、自分自身にも良い勉強となりました。この展覧会が閲覧者の方々にとって、たとえ僅かでもご自身の創作活動のヒントになってくれる事を願っています。

Linkinpark
思えば、今回は「ダメ出し」をするということで 一番緊張をして身構えていたのは実は私ですw 破綻の少ない立っているだけの上半身のアップというポーズの不在、漫然と広告的なイメージの中に散逸できればと秘かに願い、ライトも決まらぬままザラリとした質感に「そういうテイストだから」と自らを説得していたことに気が付きました。次は頑張らずにいつもどおり行きたいと思います。(「次」があればw)

Mask-da
今回は新たな試みということで皆さんにやや緊張感がありましたが、いつもチャットで語りあっている雰囲気は出たと思います。絵を作った人、絵を見る人の思いや価値観などを身近に感じていただければうれしく思います。

Jezz
面白い企画に参加させていただき、ありがとうございました。いかにも自分らしい一枚が作れましたが、同時にその限界をも痛感いたしました。来年はよりダークにゴージャスに日常感皆無な方向へ精進します。おぼえてろよ(笑)
スポンサーサイト

2008.08.20[水] My Gravure Exhibition

My Gravure Exhibition

久しぶりに枡久田+VOLTの共同企画な不定期展覧会を開催する事になりました。
第一弾「テライユキ展」、第二弾「My Favorites Figure Exhibition」に続く第三弾で、今回のタイトルは「My Gravure Exhibition」です。
テーマは「各人が考えるグラビア風ピンナップ絵の表現」に決定し、公式ルール(要約)は以下の通りに設定・・・・・

・フィギュアは女性のみ単体使用(但し幼児不可、版権元が明確でないアニメキャラクタ等使用不可)
・小道具の使用制限無し(但し明らかに18禁を連想させるアイテムは使用不可)
・全裸、性器露出を含む18禁表現不可(軽微な表現可)
・男性フィギュア使用不可

今回の参加者の顔ぶれを見て頂くとわかる通り絵の完成度が高く、ご自分のカラーを持っており尚且つキャラクタメイキングを得意とするメンバーに集まって頂きました。
上記のレギュレーションを元に参加者が抱いている女性のイメージをグラビア風ピンナップにして一枚の絵に閉じ込めるよう頑張りました。

もしご覧になった方で何かお感じになりましたら是非感想コメントをお願い致します、参加者一同励みにさせて頂きたいと思います。

それでは参加者が心に描く美しいピンナップ画像をご覧下さいませ・・・・・


STRIKE by Iryda

Slug it out by Mask-da MASK

シズカニモエル。by Nachio

C by TEPPAN

Mariage by casiopea

In The Dark by VOLT

夜になるとイルカは・・・by Linkinpark


■参加者のコメント■(参加者の名前をクリックすると本人のWEBサイトにジャンプします)

Iryda
展示会に誘って頂きありがとうございます。他の名のある方と共に参加できた事をうれしく思います。グラビア風ピンナップというお題を頂いた時は、どうしたものかと悩みましたが普段の絵の感じで良いとの事でしたので、テライさんを使ったエアガン雑誌のピンナップぽい絵になりました。皆様に作品を楽しんでいただければ幸いです。

Mask-da MASK
フィギュア単体のレンダリングで個性を出すのはポーザーでは難しいように思いますが、逆に作家の思い入れなどをピンポイントで凝縮しやすく、レタッチなどのポストワークがそれをさらに増幅させるのだと思います。今回、主催者側の勝手な意向に同意していただいた参加者の皆さんには感謝の一言です。

Nachio
今回はこのようなゴージャスな催しに参加できたことをとても嬉しく思います。絵を作っている最中は「こんな方向でいいのかな?」と不安になっていましたが皆さんの作品を見て「私の向いている方向は間違ってなかった」と確信しました。言いたいことがたくさん湧き上がってくるのに上手く文章にできません。それだけ今回の皆さんと一緒の場で作品を発表できたことは大きな喜びと感動でいっぱいです。本当にありがとうございました。

TEPPAN
え~とですね…すいません作り直していいですか?って冗談はさて置き(でもないけど)、再びお招きいただきありがとうございます。今も自分がPOSERを続けていられているのはポストワークが楽しいからなんですが、すっかり独学・独自路線で異質な存在になってしまっているような気も…とは言えこの7つの個性をそれぞれ見ていただき皆さんもPOSERを更に楽しむ為のちょっとしたキッカケになってくれたらなぁなんて思っています。

casiopea
この様な素晴らしい展に参加させて頂き、恐縮すると共にとても嬉しく思います。この展の前、VOLTさんにグラビアの定義を質問したんですが「自分が愛する女性をカメラに、たった1枚のフィルムに収めたい時どうしますか?」という熱い質問で答えを返して頂いた事がありました。その答えを少しでも表現できてたら嬉しいな~と思います♪

VOLT
この度はワガママな企画にお付き合い頂き、参加者の皆様に改めて御礼申し上げます。おかげで素敵な絵をたくさん見る事が出来てホント役得でした♪ わずか7枚の展覧会ですが見応え満点! POSERは着せ替えソフトだと世間から軽んじられる風潮がありますが、そんな認識を吹き飛ばすパワーをこの展覧会から感じてもらえると嬉しいですネ。

Linkinpark
こういう展示に参加したのは初めてなので最初は「MY GRAVE Exhibition」になってしまうんじゃないかと思いましたが、実際はそんなこと、どーでもよくなって、お互いの絵が出るまでの「やりとりw」が一番面白かったです。いままで接点の無かった人達や(or仲のいい人達と)こういう接点をいろいろなトコロや人とで出来たらいいのにな、と思います。でも、単に馴れ合いの和気あいあいムードばかりじゃなくてお互いに「マジメ」なところもあって譲らなかったりもしました。というのも僕らはみんな「気取り屋」だからなのです。ありがとうございました。

2007.02.12[月] My Favorites Figure Exhibition

My Favorites Figure Exhibition

昨年夏の「テライユキ展」に続いて、小規模展覧会の第二弾を開催することになりました。
その名も「My Favorites Figure Exhibition」。別名「自分の大好きなフィギュアの魅力をもっと多くの方たちにアピールしよう展」です(笑)

前回同様、Mask-da隊長以下、VOLTのいつもの主催タッグでお送り致します。
今回は我々二名に加えて、POSER界でも屈指の曲者、あ、いや、コダワリをお持ちのメンバーにご参加頂きました。
巷の展覧会より枚数は控えめですが、どの絵も各氏の個性がキラリと光る見応えある作品が揃っております。

ご覧になった方々のPOSERに対する視野が少しでも広がるのならば、参加者一同感無量です。
小規模展覧会は今後も不定期に続けていく予定ですので、皆様にも突然お誘いのメールが届くかもしれません。
その際は是非ともご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

VOLT1
VOLT2
Mask-da1
Mask-da2
TEPPAN1
TEPPAN2
pino1
pino2
Quarker1
Quarker2

FC2カウンター
プロフィール

展覧会実行委員会

Author:展覧会実行委員会

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。